受診前に知っておきたい耳鼻科の口コミ評価【新宿駅前クリニック】
受診前に知っておきたい耳鼻科の口コミ評価【新宿駅前クリニック】

耳のかゆみ 口コミ

耳のかゆみ | 05月21日更新

こーじさん 40代 男性

私は40代半ばの男性ですが、以前耳掻きがくせになり、すごく耳の中がかゆくなりました。
耳掻きは以前からしていたのですが、40代にはいってからすごく耳が痒いんです。
今から思うと皮膚病の乾癬由来のものだと思うんですけど、当時はそんなこともわからず耳かきをしてました。
耳掻きってやりすぎると、耳の中に傷が出来て炎症を起こしたりするんですよね。
これを外耳炎というんですが、これにかかってしまいました。
入浴中、耳に水が入ると音が聞こえにくくなったり、耳の下(アゴ関節の繋がり目付近)を触ると妙な違和感を覚えたりということが増え、ちゃんと耳を診断してもらった方が良いと思って耳鼻咽喉科で診察を受けました。

医師に話すと、実際に耳の中を診察してもらえました。
私にも耳の中が見えるよう、テレビモニターに耳の中の映像を映し出してくれてました。
ただ私はこういうのを直接見るのって凄く苦手なので、終始目をつぶって先生の治療を受けていました。

先生は時折、耳ダレ という言葉を発していました。
耳ダレというのは外耳に出来た炎症のことで、それが私の耳の中にも出来ているとのこと。
耳の中を消毒後、薬をもらいました。

薬品名は忘れましたが、目薬のような感じのもので、これを耳の中に一定量注ぎ込みます。
今回かゆみを感じていたのは左耳ですが、左耳が上になるよう右向きで寝ます。そこに薬をそそぎ一定時間薬が浸透するまでそのまま待機。
一定期間経過後、今度は左耳を下に向けて中から薬が出るようにします。
出てきたのをティッシュで受け止める、これを治療中ずっと行いました。

この治療を行ってから痒みはおさまりましたが、耳掻きをするとすぐ再発するのでそれ以降耳掻きは一切しないようにしてます。


ムクムクさん 20代 女性
パチンコ屋さんでアルバイトを始めたすぐ、インカムの音が大きすぎたせいか、耳の中がどんどん痒くなりました。しかしすぐに病院へな行かず様子を看ていると、次第に膿んできて、普通に生活してても痒いし、膿が流れてくるのも分かるほど痒みと膿が悪化していました。
朝は顔に膿がくっついてカサカサに乾いている日がなんにもありました。それに膿が乾くどんどん痒みも増してくるため諦めて病院へ行きました。
病院でも「イヤホンの音が大きいからその衝動で耳が痒くなったのかもしれない」ということで液体の塗り薬と膿を止める薬をもらいました。

塗り薬は流れていく感覚が正直不快でしたが、飲み薬の効果もあってかすぐに良くなりました。
膿が臭わないか心配しながらお仕事をしていたため、すぐに良くなったのは本当に良かったです。
イヤホンも白色ですし、なによりシャツが白色なためもし外へ流れて落ちたらとても恥ずかしい思いをしたのではないかなと思いました。
それに幸いにも鼓膜部分で膿が固まらなかったおかげで、鼓膜も無傷のままでしたのでそれがなによりも良かったと思います。
耳にはいろんな神経があるため「ちょっとくらい様子見てれば大丈夫だろう」と考えていると大惨事になる可能背もあると先生に教えてもらえたので、今後はインカムの音量にも気をつけながら耳の変化にも早く対応したいと思いました。

top