出版記念シンポジウム:アカデミズムは原発災害にどう向き合うのか

TGF(東京大学原発災害支援フォーラム)とFGF(福島大学原発災害支援フォーラム)が共催の出版記念シンポジウムのお知らせです。


[当日の記録]

IWJビデオアーカイブ  (1/7) http://www.ustream.tv/recorded/29188743 (2/7) http://www.ustream.tv/recorded/29190294
(3/7) http://www.ustream.tv/recorded/29190785 (4/7) http://www.ustream.tv/recorded/29191229
(5/7) http://www.ustream.tv/recorded/29192564 (6/7) http://www.ustream.tv/recorded/29194546
(7/7) http://www.ustream.tv/recorded/29195314

ノート(「いたちまる雑記」)
http://itacim.blogspot.jp/2013/02/nuketgffgf.html


当日のチラシをこちらからダウンロードできます。

日時

2月11日(月・祝)10:00〜18:30(開場9:30)

会場

東京大学本郷キャンパス法文2号館文学部 1番大教室、2番大教室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

参加費

500円(資料代)

プログラム

  10:00〜  第一部
開会挨拶 島薗 進(東京大学文学部・大学院人文社会系研究科教授)
特別報告 司会:島薗 進
「南相馬の医療の現状・専門家の責任」
坪倉 正治(東京大学、医科学研究所)
「南相馬/市民からの報告」
吉田 邦博(南相馬・安心安全プロジェクト)
 13:00〜 第二部
記念スピーチ 
山川 充夫(うつくしまふくしま未来支援センター長)
[討議A] 住民支援と教育・研究
(スピーチ各15分、討議30分)
コーディネーター:影浦 峡(東京大学教育学研究科教授)
石田 葉月(福島大学理工学群矯正システム理工学准教授)
遠藤 明子(福島大学経済経営学類准教授)
後藤 忍(福島大学共生システム理工学准教授)
鬼頭 秀一(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
 [討議B] 研究者と被災者・市民との交流
(スピーチ各15分、討議30分)
コーディネーター:安冨 歩(東京大学東洋文化研究所教授)
荒木田 岳(福島大学行政政策学准教授)
小山 良太(福島大学経済経営学類准教授)
永幡 幸司(福島大学理工学群共生システム理工学准教授)
押川 正毅(東京大学物性研究所物性理論研究部門教授)
早川 由起夫(群馬大学・教育学部)
閉会挨拶 山川充夫

お申し込み

  • メール:tgffgf0211@gmail.com 件名に「シンポジウム」とご標記いただき、本文に1.氏名(ふりがな)、2.連絡先(住所・電話番号・e-mailアドレス)をご明記の上、お送り下さい。
  • FAX:03−3294−3509(合同出版内、シンポジウム実行委員会、担当:坂上・酒井)まで。1.東大シンポジウム参加希望 2.氏名(ふりがな)、3.連絡先(住所・電話番号・e-mailアドレス)をご明記の上、お送り下さい。
  • お問い合せ:FGF×TGF出版記念シンポジウム実行委員会 電話03−3294−3507(合同出版/坂上・酒井)

主催:

FGF×TGF出版記念シンポジウム実行委員会

共催:

合同出版株式会社

協力:

こどもふくしま緊急支援チーム