シンポジウム「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」

TGFとの共催イベントの情報をこちらのページより転載します。

開催趣旨

このシンポジウムでは、人びとが幸せに生きてゆける社会の実現をめざす科学者、技術者の視点から、福島第一原発で何が起きたのか、今、何が起きているのか、その原因は何かについて、議論を深めたいと考えています。それをふまえ、あらためて核にかかわる技術と市民社会のあり方を検証するとともに、それらを世界の人々にも発信してゆきます。

開催概要

■日 時
2012年8月30日(木)9:30~18:00 (18:30から懇親会を開催します)
8月31日(金)9:30~18:00

■会 場
東京大学駒場キャンパス 数理科学研究科 大講義室(定員250名)
京王井の頭線「駒場東大前」駅の「東大口」からシンポジウム会場まで徒歩5分ほどです。
詳しくは、こちらからご確認ください。→ http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/access/

■参加費
一般:5,000円 学生(PD、大学院生を含む):2,000円
※ 参加費は二日間通しの料金です。一日のみの参加の場合も一律の料金です。
30日の懇親会参加費は3,000円です。

■申込み
参加費の払い込みをもって参加申込みとなります。
申込みが定員に達したところでこのサイトでお知らせし、受け付けを終了します。

払込口座:郵便振替 00160-4-758972
口座名義 高木基金(シンポジウム預かり口)

■主 催
「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」シンポジウム実行委員会
実行委員長:黒田光太郎 / 事務局長:菅波 完
E-MAIL:symposium★takagifund.org(★を@に直してください)
FAX:03-3358-7064

■共催団体
柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会
原子力資料情報室
東京大学持続的開発研究センター
東京大学「人間の安全保障」プログラム
東京大学原発災害支援フォーラム
APAST(The Union for Alternative Pathways in Science & Technology)
高木仁三郎市民科学基金

■協賛団体
エントロピー学会
高木学校
市民科学研究室
環境エネルギー政策研究所
法政大学サステイナビリティ研究教育機構
プラント技術者の会

プログラム

8月30日(木) シンポジウム第一日

9:30~9:40 開会挨拶・趣旨説明:シンポジウム実行委員長 黒田光太郎(名城大学教授)

セッション1:「福島第一原発で何が起こったか」
9:40~12:00 コーディネーター:井野博満(東京大学名誉教授)

● 田中三彦(サイエンスライター、国会事故調査委員会委員)
「福島原発事故における地震による機器損傷の真相に迫る」

● ア-ニー・ガンダーセン(フェアウィンズ・アソシエーツ社 チーフ・エンジニア)
「福島原発事故から、すべての原子力関係者が学ばなければならないこと」

13:00~15:00 コーディネーター:山口幸夫(原子力資料情報室共同代表)

● 石橋克彦(神戸大学名誉教授、国会事故調査委員会委員)
「地震列島の原発の必然的帰結としての『福島原発震災』」

セッション2:「放射能汚染の現状」
15:30~18:00 コーディネーター:細川弘明(京都精華大学教授)

● 今中哲二(京都大学原子炉実験所)
「福島原発事故による放射能放出と放射能汚染の実像」

● <発表者一名は現在調整中>

18:30~ <懇親会>

 

8月31日(金) シンポジウム第二日

セッション3:「日本の原子力政策と安全神話の形成」
9:30~12:30 コーディネーター:舩橋晴俊(法政大学教授)

● 吉岡 斉(九州大学教授・副学長、元政府原発事故調査委員会委員)
「福島原発事故の「政策失敗病」としての諸側面」

● フィリップ・ワイト(オーストラリア アデレード大学)
「原子力「平和」利用と核開発」

● <発表者一名は現在調整中>

セッション4:「核をめぐる科学・技術のあり方」
13:30~16:30 コーディネーター:丸山真人(東京大学教授)

● 高橋哲哉(東京大学教授)
「犠牲のシステム――責任をめぐる一考察」

● ミランダ・シュラーズ(ベルリン自由大学教授、「安全なエネルギー供給に関する倫理委員会」委員)
「ドイツ倫理委員会はどのように脱原発の結論に至ったか」

● 池内 了(総合研究大学院大学理事)
「原発の反倫理性と科学者の社会的責任」

セッション5:「まとめ:あらためて科学者・技術者の立場から」
17:00~18:00 ● 主催者からのまとめ

※ 発表のタイトルは変更になる場合があります。
このウェブサイトには、変更等を反映した最新情報を掲載しています。
8月30日のセッション1は、日・英同時通訳つきで実施します。その他のセッションは日本語で行います。