3.11後の原子力社会における政治、知、民主主義

日仏会館フランス事務局のホームページよりイベント情報を転載します。
日仏シンポジウム【同時通訳付き】

日時

2012年06月22日(金) 9:00 – 18:30

場所

日仏会館 フランス国立日本研究センター
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿 3-9-25 日仏会館フランス事務所
1階ホール

参加費・申込

一般公開・入場無料
参加申込はメールで(contact[の後に@mfj.gr.jp] まで)

発表者

ヤニック・バルト(CNRS-CSI、パリ国立高等鉱業学校)
キース・バベルストック(東フィンランド大学)
セシル・浅沼ブリス(UMIFRE 19、MFJ)
ブリュノ・シャレロン(CRIIRAD)
後藤 忍(福島大学)
濱田甚三郎(首都圏総合計画研究所)
石田葉月(福島大学)
岩田 渉(市民放射能測定所)
ポール・ジョバン(CEFC 台北)
影浦 峡(東京大学)
鎌田 慧(ルポライター)
小山良太(福島大学)
永田勝之(東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌 むすびば)
フィリップ・ペルティエ(リヨン第2大学)
ティエリー・リボー(UMIFRE 19、MFJ)
城山英明(東京大学)
鈴木 浩(福島大学、Housing & Planning Network)
滝川雅之(海洋研究開発機構)
フロラン・ド・ヴァテール(INSERM)

学術責任者

ティエリー・リボー(UMIFRE 19、MFJ)
セシル・浅沼ブリス(UMIFRE 19、MFJ)

主催

日仏会館フランス事務所・フランス国立日本研究センター、公益財団法人日仏会館

協力

ダランベール基金(アンスティチュフランセ)、フランス国立科学研究センター(CNRS)学際研究NEEDSプログラム