放射線の除染対策と影響評価

東京大学・大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室の鷲谷いづみ教授が2011年10月31日に国立環境研究所セミナーで行った講演のスライド(pdfファイル)です。

放射線の除染対策と影響評価:生物・生態系分野にはどのような研究が求められるか? ~チェルノブイリの経験から~

なお、このスライドで紹介されている、Moller & Mousseauの研究の一部については、抄録が「みんなの翻訳」上で日本語になっています。